印刷はこちら

高齢者等が行方不明になったら

更新日:2013年11月22日

認知症高齢者等SOSネットワークシステムのご案内

 高齢者の増加とともに認知症になる人も増え、行方不明となる事案が発生しています。
 大刀洗町では、このような事態になっても早期に発見して本人の生命・身体の安全を図るとともに、家族の負担を軽減するために、大刀洗町認知症高齢者等SOSネットワークを構築しています。

 

○SOSネットワークの流れ

 高齢者等が徘徊等により行方不明になった場合、はじめに小郡警察署へ「行方不明者届」を行います。その後、引続き小郡警察署または大刀洗町健康福祉課に利用申請書類を提出します。
 記入された内容は、大刀洗町役場(地域包括支援センター含)・大刀洗町社会福祉協議会職員のほか、在宅介護支援センター(聖母園内)等へ情報提供を行います。
 また、筑後田園都市圏12市町(大牟田市・久留米市・柳川市・八女市・筑後市・大川市・小郡市・うきは市・みやま市・大刀洗町・大木町・広川町)で締結した広域連携により、より広範囲に情報提供を行います。
 情報を受けた人は、通常の業務・生活の中でできる限り早期発見に努めます。
 



 

 

○利用申請書類

(1)大刀洗町認知症高齢者等SOSネットワークによる支援要請書兼同意書
(2)写真(顔写真及び体格がわかるもの)

添付資料  大刀洗町認知症高齢者等SOSネットワークによる支援要請書兼同意書  新しいウィンドウで表示(エクセル:32.5キロバイト)

添付資料  ネットワーク図(支援要請書兼同意書裏面)  新しいウィンドウで表示(PDF:70.8キロバイト)

お問い合わせ 健康福祉課 福祉係
電話:(0942)77-2266 ファックス:(0942)77-3063
このページに関するアンケート
このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ご意見がありましたらご記入ください